powerd by 楽市360
楽天ウェブサービスセンター

タウリンとは?

CMなどでよくタウリンという言葉を聞くと思います。最近では、「タウリン ダイエット」なんて言葉も目にします(笑)。

昔はリポビタンDなどのCMで聞くだけでしたが、最近では、タウリンという言葉を聞くことも増えたと思います。

ですので、ここではその効果も含めて、「タウリン」についてたっぷりとご紹介したいと思います。

タウリンとは、生体内で重要な働きを示す含硫アミノ酸の一種で別名アミノエチルスルホン酸ともいいます。

タウリンはヒトの体内などで胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合し、タウロコール酸などの形で存在します。

消化作用を助けるほか、神経伝達物質としても作用します。

また白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素や過酸化水素の放出を抑える効果もあります。

タウリンは哺乳類においては肝臓、肺、筋肉などに分布しています。

とりわけ軟体動物、特にタコ、イカが多く含んでいるようです。例えば、するめの表面に出る白い粉に凝縮されています。

また、タウリンはヒト、トリ、ネズミは体内で合成できます。ヒトの生体内ではアミノ酸のシステインから合成されます。

日本ではタウリンの合成品は医薬品扱いとされ、主に医薬部外品を含むドリンク剤の主成分に使われています。

有名なものにはリポビタンD、チオビタドリンクなどがあります。この2つはみなさんもCMなどでよく聞くのではないでしょうか?

中国ではドライシロップが、小児向けの風邪の初期症状を抑える薬として使用されているようです。

トップ > タウリンについて > タウリンとは?